相手からのメールで人柄がわかる

携帯電話やパソコンさえ持っていれば、仕事が終わった後や空いた時間に自由に婚活に励む事が出来るとしてネット婚活の人気が高まっています。

 

ただ気軽に活動出来る分、それだけ危険なリスクが伴っている可能性も忘れてはいけません。

 

ネット婚活を進めていく中で、絶対に回避したい相手の特徴というものがあります。

 

まず一つ目が、メールのやり取りが始まった際に相手からのメールが一言だけであったり、明らかに定型文とわかるような文面の場合があります。

 

もし本気でアプローチしようと考える相手なら、まずは自分の事をしっかりアピールして、相手から印象良く思われたいと考えるのが常です。

 

しかし定型文や一言のみのメールの場合、相手は不特定多数の相手に送っている可能性が高いです。

 

こういった相手は遊び目的であったり、ポイントを引き出すためのサクラである可能性が高いため、回避するのが無難です。

すぐに会いたいと誘ってくる相手は要注意

ネット婚活は気に入った相手が出来れば、その後は自由に活動出来ます。

 

何の制限もないので、お誘いを受けた当日にデートする事も可能なのです。

 

ただし結婚相手を探そうとネット婚活を始めたのなら、慎重にお相手探しをする事が大切です。

 

アプローチされてメールのやり取りが始まり、お互いに相手の事が色々わかると、自然と「この人はどんな人だろう?」「一度会ってみたいな」と思うのが普通です。
ところがまともにメールのやり取りをしていない時から「早く会いましょう」と誘ってくる人もいます。

 

こういった人に遭遇すると、すぐに相手の意見を聞き入れるのは危険です。

 

「もう少しお互いの事を知ってから会いたい」といった旨を伝えてみて、それ以降相手からの連絡がなかった場合は、それまでの相手という事です。

 

いくら自分の理想通りの条件や容姿だったとしても、相手の誘いにのり、すぐに会うということはネット婚活では回避すべき事です。

入会退会を繰り返す人は要注意

ネット婚活は特定の相手が出来た場合は休会や退会をするようになっています。

 

ところがその相手と別れる事になった場合は、再び同じサイトに入会して活動を始める人もいます。

 

もちろんその行為には問題はないのですが、中には頻繁に入退会を繰り返す人がいます。明らかに真剣な婚活をしているとは考えられず、何らかの犯罪を企てている、またはサクラの可能性も高くなります。

 

 

こまめにサイトにログインし、新しく入会した会員をチェックしておくと、怪しい動きをしている会員を見つけられます。

 

そしてもしアプローチを受けたのなら、すぐに対面する事はせず、しっかりとメールや電話のやり取りを行って相手の事を見極める必要があります。

 

さらに相手に不審な点が見つかれば、通報機能を使ってサイト側に報告するようにします。